海外製のペニス増大サプリは危険?国産との違いや注意点5つを解説

海外製のペニス増大サプリって危険?国産との比較や5つの注意点を解説メンズの悩み
 
海外製(アメリカ)の増大サプリには医薬品成分が入っているから危険なの?
日本製のサプリより効く?試してみたい!

こんなことを思われている人も多いかもしれません。

一見良さそうに見える海外サプリには危険が潜んでいる場合があります。

本記事では海外製(アメリカ)のペニス増大サプリと日本製の比較や海外製サプリの危険性、おすすめできない理由について解説していきます。

 

イチオシ

【国産1位】巨根をつくる成分をバランス良く配合したヴォルスター・ビヨンドブラストがおすすめ!

POINT.1
巨根を目指せる成分が業界トップクラス
POINT.2

2箱買うと1箱無料(合計3ヶ月分飲める)
POINT.3
実感できなければいつでも全額返金してもらえる

 

1.海外製サプリと日本製の比較

まずは海外産サプリと日本産を効果・品質・価格の3点を比べていきます。(この記事では主にアメリカ産を比較)

 海外製(アメリカ)日本製
効果日本製よりも高い高い
品質日本製よりも高い高い
価格安い高い

効果
効果に関しては一般的に海外製(アメリカ)のサプリは日本のものよりも効果が高い(強力)とされています。その理由の一つに高額な治療費の存在があります。

アメリカでは日本のように国からの社会保証制度というものがなく、病気にかかると高額な治療費が必要になりがちです。(初診で最低1万円は超える)

これは病院が自由に料金を設定できる自由診療が導入されているからで、医療技術のレベルが高い病院ほど料金が上がっていきます。お金を払えば高度な医療を受けられるメリットはありますが治療費を負担に思う人もかなり多いです。

その中で「病気はなる前に自分で予防するもの」という考えが根付き、自分の健康管理や病気の予防に効果のあるサプリメントを飲む人が増えました。

そもそもアメリカと日本ではサプリの位置付けが全く異なります。

アメリカ:食品と医薬品の中間(法律で定められている)
日本:食品(法律上の明確な定義なし)

高額な治療費やサプリは医薬品の次にくる位置付けから、アメリカのサプリメントは効果が高くなる傾向があり、食品として扱う日本のサプリよりも優れている理由となっています。

品質
続いて品質です。アメリカでは食品や医薬品をの原料の仕入れ・製造・出荷までをFDA(日本の厚生労働省に似た機関)が厳しく取り締まるcGMP、日本にはGMPと呼ばれる品質基準があります。

日本で作られた国産品だったらどこよりも高品質!安全!と思いがちですが、世界規模で見てみるとそうでもないこともあります。サプリ業界では以下の比較表でもわかる通り、日本の基準は結構ゆるめです。

横にスクロールできます→

 cGMP(アメリカ)GMP(日本)
ガイドライン815ページ5ページ
品質管理の有無法的義務任意
表示通りの成分が
入っているか
必須省略可
異物の混入の
心配はないか
必須規定なし
粒は体内で
溶けているか
必須規定なし

日本のGMP基準は各企業に任せている部分が大きいので低く設定されています。

価格

最後にサプリの価格に関してですが、海外(アメリカ)のサプリは1ヶ月分3,000円〜高くても1万円程度が多いことに対し、日本は1ヶ月分7,000〜20,000円程度と日本の方が高い傾向にあります。

ただ、輸入となると諸費用(消費税、送料、輸入代行手数料など)が上乗せされる為、実際には同じくらいか少し安いくらいに収まることが多いです。

 

2.海外製(アメリカ)のペニス増大サプリの危険性とおすすめできない理由

ここまで海外製のサプリと日本製の比較をしてきて、海外製のサプリって意外と良いところばかりじゃないか?と思う人も多いでしょう。

ですが危険性もあるのです。5つに分けて解説します。

1-1.日本での有効性や安全性が確認されていない

海外製のサプリは、日本での薬事法(医薬品医療機器等法)に基づく有効性や安全性が確認されていないため健康被害が発生する恐れがあります。

平成30年(2018年)に厚生労働省が行った、海外サイトで日本向けに販売している医薬品等の買上げ調査を実施したところ、日本で承認されている最大容量の2倍以上の成分が含まれていたり、使用すると重大な健康被害が発生する国内で未承認のものも含まれていたという事例があります。

いわゆる健康食品では、1カプセル当たりシルデナフィル139 mg及びタダラフィル47 mg、チオデナフィル1 mgを検出した製品がありました。これは、勃起不全に対して国内で承認されているシルデナフィル含有医薬品の最大用量(50 mg)の2倍以上、タダラフィル含有医薬品の最大用量(20 mg)の2倍以上であり、またチオデナフィルは未承認医薬品成分のため、使用した場合、重大な健康被害が発生するおそれがあります。
出典:平成30年度「インターネット販売製品の買上調査」の結果について

このように海外製のサプリは何が入っているのか未知の領域で偽物も多く出回っている現状があります。

もちろん海外製のサプリ全てが危険と言うつもりはありませんが慎重に選ぶべきだと考えます。

1-2.日本人が口にすると過剰摂取の危険性

海外製(主にアメリカ製)のサプリは、その国の人々の体格に合わせて作られている為、有効成分量が多いです。そのため強力で比較的体格の小さい日本人には多すぎることがあります。

一つ前の【日本での有効性や安全性が確認されていない】で2倍以上の成分が検出された事例がありましたが、アメリカ人にはベストな量でも日本人には過剰摂取になる量ということを物語っています。

薬の飲み方で例えるなら、大人より子どもの方が少ないことがほとんどですよね。なのに子どもが大人と同じ量を口にしてしまうとどうでしょうか。

過剰摂取となり健康被害を起こす可能性が高いです。最悪の場合、命に関わることにもなりかねません。

1-3.副作用で健康被害が出たときの保証がない

日本国内に流通している医薬品であれば、万が一重大な健康被害が出た場合、医薬品副作用被害救済制度という被害者を守る公的な仕組みがありますが、個人輸入したものに関しては適用されません。全部個人の責任となってしまいます。

1-4.個人輸入は現地語の理解や手続面が複雑(自分でやる場合)

一般的に個人輸入(外国から直接購入すること)はハードルが高く、英語が読めないと商品情報や日本への発送ができるのか等の見極めが難しかったり、販売メーカーへの注文、支払い、通関、イレギュラーな連絡や交渉など複雑な手続きが付きものです。

1-5.信頼できる個人輸入代行業者を探すのは難しい

先ほどの個人輸入を自分でやるのはハードルが高いという人には全てまるっと任せられる個人輸入代行というサービスがあります。長いところだと25年以上も前から運営している老舗的なもところもあるようです。

個人が自分のためだけに使用する分には税関の確認でOKでも、輸入して販売するとなると日本の薬事法に基づく承認や認証を受けていない場合は違反となるので見極めが難しいです。

個人が輸入する場合:税関の確認
輸入+販売する場合:厚生労働大臣の承認・許可等が必要

試しに「個人輸入代行」の検索上位10サイトほど閲覧してみましたがはっきりと表記しているところはありませんでした。

代行手数料(5〜30%)や消費税、送料などはもちろん大事ですが、それよりもまず許可を受けている業者なのか、さらには会社住所、電話番号は実在するかなども含め信頼できる業者を選ぶ必要がありますが、一筋縄ではいかない作業だと考えます。

 

4.海外の増大サプリに手を出すのはおすすめできない

海外製の増大サプリをおすすめしない理由

日本での有効成分や安全性が確認されていない
日本人が口にすると過剰摂取の危険性
副作用で健康被害が出たときの補償がない
個人輸入は現地語の理解や手続面が複雑(自分でやる場合)
個人輸入代行業者を探すのは難しい

海外の増大サプリを全否定するつもりはありません。品質が高いことは単純に魅力です。

ですが、日本人の体には合わないことがあり、過剰摂取で副作用が出る可能性、偽物を飲んでしまう可能性を考えると危険という結論になります。厚生労働省のページでも毎月のように注意喚起が報告されています。

もし、重大な健康被害にあってしまっても自己責任。保証はされないのです。

 

5.失敗しない国産の増大サプリを選ぶポイント

ここまで解説してきたように海外産の増大サプリは日本人に合わせて作られていない為、安易に手を出すことはおすすめできません。

一方で国産(日本製)のサプリであれば、日本人の体格に合わせて作られていて、成分や成分配合量、安全性が証明されているものが多いので海外製よりも安心できます。

とはいえ、どの増大サプリを選べばいいのかわからない方もおられると思いますので、以下の基本的な3つの選び方を解説し、人気増大サプリ3商品を比較していきます。

シトルリン、アルギニン、亜鉛は十分に含まれているか?
高品質な商品か?(受賞歴や調査会社のアンケート調査など)
③継続できる価格か?
 

①L-シトルリン、L-アルギニン、亜鉛は十分に含まれているか?

L-アルギニン【推奨摂取量 1日1400〜4200mg程度】
→体内でNO(一酸化窒素)を生成、血流を良くして力強い勃起を促す。
L-シトルリン【推奨摂取量 1日800mg程度】
→シトルリン同様にNO(一酸化窒素)を生成。シトルリンとの併用でさらに効果的。
亜鉛【推奨摂取量 1日10mg程度(20〜60代)】
→精子の生成、性欲向上、男性ホルモンの分泌量増加などを促す。
シトルリンとアルギニンは厚生労働省で一日の推奨摂取量が定められているわけではありませんが、L-シトルリンで1日1400〜4200mg程度L-アルギニンで1日800mg程度とされています。亜鉛に関しては厚生労働省の日本人の食事摂取基準(2015年)によると成人男性で1日10mgと定められています。
 

横にスクロールできます→

 シトルリン量アルギニン量亜鉛量

ヴォルスター・
ビヨンドブラスト
1日摂取量4カプセルで
1,043mg(実数値)
1日摂取量4カプセルで
421mg(実数値)
1日摂取量4カプセルで
12mg(実数値)

ヴィトックスa
非公開非公開非公開

エヌオーワンブースト
1日摂取量4カプセルで
839mg(実数値)
1日摂取量4カプセルで
150mg(実数値)

L-シトルリンとL-アルギニンは摂取目安量が決められていなくても、しっかり配合量を表記されているものを選ぶのが安心です。

 

②客観的な評価はどうか?(受賞歴や調査会社のアンケート調査など)

客観的な評価はどうか?(受賞歴や調査会社のアンケート調査など)

販売メーカーが発信している内容は良いところしか見えないのがある意味当たり前だと思います。

そこで重要なのが客観的な評価を受けているのか?というポイント。

国内の増大サプリの中には、モンドセレクションの受賞歴があったり外部の調査会社を使いアンケート調査を実施するなど、自社商品を外部評価することに積極的なメーカーがたくさんあります。

横にスクロールできます→

  モンドセレクション外部評価調査会社

ヴォルスター・
ビヨンドブラスト
3年連続銅賞受賞
(2019〜2021年)
17冠
リピートして使いたいサプリNo1、品質満足度No1、実感できるサプリNo1
自信が持てるサプリNo1、信頼できるサプリNo1、お客様満足度サプリNo1
人気の高いサプリNo1、過去最高の自分になれるサプリNo1、納得できるサプリNo1
生命力が漲るサプリNo1、若さを感じられるサプリNo1
友人に勧めたいサプリNo1
手放したくないサプリNo1、強くなるサプリNo1、おすすめできるサプリNo1
強固になるサプリNo1、大事な時に持っていたいサプリNo1

ゼネラルリサーチ
CSN
ショッパーズアイ

ヴィトックスa
2020年銅賞受10冠
【総合】
人気No1、信頼度No1、リピート率No1、
友人におすすめしたいサプリNo1、結果に期待できるサプリNo1
【30〜60代の男性が選ぶ】
男性自身に自信が持てそうなサプリNo1、コスパがいいと思うサプリNo1、
今すぐ試したいサプリNo1、今すぐ悩みが解決すると思うサプリNo1、
若さを感じられそうなサプリNo1
日本コンシューマーリサーチ

エヌオーワンブースト
受賞歴なし8冠
満足できそうなサプリNo1、効果が実感できそうなサプリNo1、
信頼できそうなサプリNo1、購入したいサプリNo1、
コスパ良さそうなサプリNo1、おすすめしたいサプリNo1、
配合成分が凄いと思うサプリNo1、長く続けてみたいと思うサプリNo1
インフォニア株式会社

上記の比較であれば、ヴォルスタービヨンドブラストの3年連続でモンドセレクション受賞は高品質な商品であることの証です。またアンケート調査でも17項目で1位に輝いており、信頼できるサプリと言えるでしょう。

販売サイトで投稿されている口コミやレビューも大事ですが、外部からの客観的な評価は選ぶ時の大切な基準となります。

 

③継続しやすい価格か?

増大サプリは、飲み始めてすぐに効果が出るものではない為、継続する必要があります。効果の感じ方には個人差があり、おおよそ3ヶ月〜6ヶ月間続けて効果を実感することが多いです。

ですので最低でも3ヶ月間は続けられる価格なのかを見ておく必要があります。

以下の記事で15品の国産ペニス増大サプリを徹底比較していますので参考にしてみてください。

→11月最新の国産で安全な増大サプリランキングを見る

 

タイトルとURLをコピーしました